×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語の発音練習法

英語上達のためにまずは徹底的にリスニング練習をしてすぐにスピーキング練習しない理由、そして英語のスピーキング練習法についてお話しました。

ここではスピーキング練習とともに練習したい英語の発音について触れます。

発音練習の大切さ

個々の発音練習が何故大切かというと「もっと正確な物真似になる」からです。

"Water, please." が「ワラプリ」に聞こえるのは、英語で「ワラプリ」と言っているからではありません。日本語慣れした耳では "ter" の音が「ター」よりも「ラ」に近く聞こえるからです。

米語では 強く発音しない【T】は軽く舌をあてた t で、さらに 【ER】は口の中でこもった音です。だから 【ter】は比較的はっきりした音の「ター」よりも「ラ」に近く聞こえるわけです。

でも、t や er の音をきちんと練習すると「ラ」とも違う音に聞こえるようになります。

"please" の最後の音、"se (Z)" も、強いお願いでない限り、軽く発音されるます。母音の無い音は、日本語慣れしている耳だと聞こえにくいのですね。これもしっかり、子音の音を練習しているうちに聞こえてくるようになります。

スピーキング練習と並行して行うと、聞き取り効果も上がりますし、発音の変化も徐々に現れますから、飽きない程度に小まめに行って下さい

個々の発音練習をする時は、ちょっと大袈裟なくらいに練習しましょう。日本語慣れしている口は、英語を話すには怠け者。大袈裟な練習をしておいた方が、実践でハッキリ通じやすくなります。

母音抜き練習法

日本人の英語の発音が通じない原因の一つに、「どの音にも母音(あ・い・う・え・お)を入れてしまうクセ」があります。ところが、英語は子音単独の音が多いため、nose の「ズ」、make の「ク」のように、母音をつけて発音してしまいがちなのです。

ここから脱却するには、子音だけの音を練習して、脳みそに「母音を伴わない音がこの世に存在する」ことを知ってもらう必要があります。 pub パ 「ブ」を【B】と「う」の音に分解
jazz ジャ 「ズ」を【B】と「う」の音に分解
bat バッ 「ト」を【T】と「お」の音に分解

子音だけの音を練習するには、口の動き・舌の動きによーく注意して母音(あ・い・う・え・お)を抜くようにしてみて下さい。この練習を、1日一音で良いので、3分ほど行います。

音節に注意する

日本語の音は殆ど一拍一音ですが、英語の場合、2・3音が一拍で発音される事が多いです。

例えば、【make】。日本語では「メイク」と3拍ですが、英語ではたった1拍です。【make】の【A】は「エイ」と2拍ではなくて長音Aと一拍で発音し、「ク」ではなくて、母音を抜いた【K】の音を添えるだけです。

英語の二重母音の練習は音節の感覚を身につけるのに役立ちます。「ア」に聞こえる音の違いの練習や押さえたい子音の音ができるようになってきたら、挑戦しましょう。

英語の音を覚える 子音編

オススメ話すことに重点に置いた英語教材

オススメ発音練習教材

    印刷     PAGE TOP

英語学習ランキング ランキング参加中
応援お願いします。

サイト内カテゴリ

TOP PAGE

英語を勉強する時の心構え

英語のリスニング練習法

英語のスピーキング練習法

英文法を勉強するタイミング

初心者・初級者向け英語教材

脱初心者をしたら

英語リンク

桜の英語教室

桜の英語四方山話

英語学習ランキング

PR

ゲーム感覚で身に付く英語スピーキング習得システム(特許申請中)

スティーブ・ソレイシィのReal Speaking(リアルスピーキング)英語を話せる秘密!

あなたの英語発音を100点満点で採点する英会話教材

アクセスランキング