×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語のスピーキング練習法

英会話上達のためには、スピーキング練習が不可欠です。「聞いているだけ」では決して話せるようにはなりません。

ただし、スピーキング練習を始めるのは徹底的にリスニング練習をしてからです。始めるタイミングは「何だか物真似ができそうな気がする」と感じ始めたあたりから。それまではひたすら「聞く」に徹しましょう。

そんなわけで、ココでは「スピーキング練習法」についてお話します。

  1. すぐにスピーキング練習しない理由
  2. 英語のスピーキング練習法
  3. 英語の発音練習法
  4. 英語の音を覚える
  5. 言い換え練習をする

すぐにスピーキング練習しない理由

話す練習は、聞いた英語を聞こえたまま繰り返すリピーティング練習から始めます。

徹底的にリスニング練習で、頭の中で聞こえたままの英語を繰り返す練習をしてきました。今度はそれを口に出します。

「物真似ができそうな気がする」までスピーキング練習を待ったのは「英語の音」を蓄積するためです。その前にスピーキング練習を始めると、どうしても「聞いたままの音」よりも「英文で確認して知っている音」になりがちだからです。

このへんが、大人にとって「子供のように言葉を学べない原因」なのですね。

小さな子供が大人の言った事をそっくりそのまま繰り返し、何となく会話になってしまった時、英語の "repeating" で苦心していた私は、そりゃぁ、子供の脳に感激しました。

大人でも先入観無しに「そのまま繰り返す」にはどうしたらよいかと考えた時、「何だか物真似ができそうな気がする」まで聞こえたままの英語を頭で反響させるようにするしてみたらどうかと考えたのです。

そんな練習をしていたら、英語の発音でかなり苦労していた私ですが、すこしずつ通じる英語に変わっていきました。

皆さん学校で英語を習っていますから、そこそこの知識はあるのですが、こと「発音」になるとその知識が却って邪魔してしまいます。 ですから、原点に戻って「物真似」ができるくらいまで、先入観を抜く必要があるのですね。

"Water Please." が 「ウォーター、プリーズ」ではなく、せめて「ワラプリ」が染み付くようになるまでです。

スピーキングの練習をし始めると、もっと正確に聞こえるようになり始めますし、長いセンテンスを覚えたり言い換えの練習もできるようになってきます。

「物真似ができそうだ」と感じ始めたら、早速スピーキング練習に取り組み始め、英語力をどんどんアップさせましょう。

英語のスピーキング練習法

オススメ徹底的に聞く英語教材

    印刷     PAGE TOP

英語学習ランキング ランキング参加中
応援お願いします。

サイト内カテゴリ

TOP PAGE

英語を勉強する時の心構え

英語のリスニング練習法

英語のスピーキング練習法

英文法を勉強するタイミング

初心者・初級者向け英語教材

脱初心者をしたら

英語リンク

桜の英語教室

桜の英語四方山話

英語学習ランキング

PR ゲーム感覚で英語の発音が習得できるオンライン教材(特許申請中) 

オンライン英会話 エイムトーク

弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策

スティーブ・ソレイシィのReal Speaking(リアルスピーキング)英語を話せる秘密!

24時間オンライン英会話スクールEnglishtown

弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策

オンライン英会話の「e英会話」

アクセスランキング