×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英文法を勉強するタイミング

英会話の学習に何故英文法学習が必要か、そして重要な英語の語順動詞冠詞と名詞についてお話ししてきました。

ここでは、こうした英文法学習が身についてきたら始めたい、英語日記についてお話します。

英語日記を書こう

英会話上達には、英語で日記をつけるのはとても効果的です。と言っても、日本語感覚で英文を書いていては、中々英語は上達しません。

英会話学習の基本は「物真似」です。それは英語日記も同様です。

英語日記を書く時に必ずして欲しい事が3つあります。

  1. 絶対日本語文を作らない
  2. 「誰が・何が」「どうした」を常に考えて書く
  3. 書き終わったら読み直す。2,3日後にまた読み返す。

日本語を英語に訳すのはプロの仕事です。初心者・初級者の技ではありません。日本語を英語に訳すのではなく、英語らしい表現を身につけて、それを「日記にして書く」事で、初めて効果的なのです。

スピーキング練習法で言い換え練習しノートにまとめるようにお勧めしましたが、英語日記ではこの自分流表現集や英語表現集を使い、辞書を一切使わず自分の言える範囲から始めます。

大切なのは「英語で」表現する事。その為には、まず「真似事」から入る事です。

辞書を引き引き1時間かけて書いた文章は、すぐに忘れます。 それなら、1日3行程度で構いませんから、小まめに行ったほうがずっと効果的です。自分表現ノートがたまり始めたら、英語日記に挑戦するようにして下さい。

どうしても英語で思いつかなかった場合は、「誰が・何が」「どうした」という英語の語順で日本語を書き直すようにします。また、「日本語」を英語にしやすい日本語に直して、自分の知っている英語で表現できるようにします。

こうして書いた英語日記は、必ず読み返し、冠詞や名詞、主語・述語の一致などの基本事項を確認します。

書き直しは面白い作業ではありませんが、これによって英語力の付き方が断然違ってきますから、ぜひ英語学習に取り入れてましょう。

自分の書いたものを読み返さずに、10回日記を書くよりも、自分の日記を2・3回、日をおいて見直した方が、自分の間違いに意識が向き、断然、英語力が伸びます。

英語日記をつけていると、段々「もっと英語で表現したい!」という気持ちに駆られる事でしょう。それは、英会話学習を続ける機動力になります。これが一番の学習効果かもしれませんね。

オススメ英文法学習教材

オススメ英語教材本

    印刷     PAGE TOP

英語学習ランキング ランキング参加中
応援お願いします。

サイト内カテゴリ

TOP PAGE

英語を勉強する時の心構え

英語のリスニング練習法

英語のスピーキング練習法

英文法を勉強するタイミング

初心者・初級者向け英語教材

脱初心者をしたら

英語リンク

桜の英語教室

桜の英語四方山話

英語学習ランキング

PR

最短30日で世界レベル3の発音になれるスコット先生の発音大学DVD

ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

ライバルの一歩先を行くビジネス英会話『職業別英会話プログラム』

音読学習法、英会話が短期間でメキメキ上達!パワーラーニング

ゼロからの英語やり直し教室

英語ビギナーが3ヶ月後に
上達を実感する勉強法

【無料】英文・英単語をたった10秒であきれるほど覚える方法

1ヶ月5400円 マンツーマンオンライン英会話のエルムンド!
無料体験レッスンはこちらから!

弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策

アクセスランキング