×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英文法を勉強するタイミング

英会話の学習に何故英文法学習が必要か、そして重要な英語の語順についてお話しました。

ここでは、動詞と同じくらい大切な英語の冠詞と名詞についてお話します。

英語の冠詞・名詞

英語の名詞は、いつも【特定の物】なのか【一般的な物】なのか決めてあげる必要があります。また、その名詞は数えられるものなのか、数えられないものなのか、ハッキリする必要があります。

そう言われても、名詞の区別をしない日本語を母語とすると、【特定の物】【一般的な物】とはどういう事?と思いますよね。

The banana on the table is mine. (特定の物)
I want a banana. (具体物だけれども不特定な物)
Bananas are yellow. (抽象的な物)

最初の【the banana】は「机の上にあるそのバナナ」という特定の物。
二つ目の【a banana】は、実際に食べられる具体的なバナナですが、特定のものではありません。
三つ目の【bananas】は、「バナナというもの」と言う意味で、具体物な物ではなく、一般的な意味で使っています。

英語では面倒くさい事に、名詞をこんな風に区別しているのです。

この定冠詞や名詞は、ルールを覚えただけでは使いこなせない、もっと根本的な「物の認識の仕方」という哲学的な部分があります。

なんていうと、何だかとっても難しいことのようですが、訓練法はとってもシンプル

どの用に訓練するかと言うと、
定冠詞 THE がつくものは、「その○○
具体的だけれど不特定なものは、「ある○○
一般的な物を指す名詞は、「○○というもの
と意識して訳します。

日本語としてはとても不自然ですが、英語の名詞感覚を身につけるにはとても良い練習になります。何となく一般名詞の概念、定冠詞の概念を捉えられるようになります。

冠詞と名詞の関係は、「正しい・正しくない」以上に、「何を言いたい」かに左右される事がとても多いです。冠詞の使い方を間違えると、それだけで意味不明になったり、間違った意味にとられたりすることもあります。

初心者・初級者レベルのうちから、英語の冠詞と名詞に注意を向けるようにするのはとても大切です。

英語日記を書こう

オススメ英文法学習教材

    印刷     PAGE TOP

英語学習ランキング ランキング参加中
応援お願いします。

サイト内カテゴリ

TOP PAGE

英語を勉強する時の心構え

英語のリスニング練習法

英語のスピーキング練習法

英文法を勉強するタイミング

初心者・初級者向け英語教材

脱初心者をしたら

英語リンク

桜の英語教室

桜の英語四方山話

英語学習ランキング

PR

最短30日で世界レベル3の発音になれるスコット先生の発音大学DVD

ワンミニッツイングリッシュは1分聞くだけ!の英語プログラム

ライバルの一歩先を行くビジネス英会話『職業別英会話プログラム』

音読学習法、英会話が短期間でメキメキ上達!パワーラーニング

ゼロからの英語やり直し教室

英語ビギナーが3ヶ月後に
上達を実感する勉強法

【無料】英文・英単語をたった10秒であきれるほど覚える方法

1ヶ月5400円 マンツーマンオンライン英会話のエルムンド!
無料体験レッスンはこちらから!

弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策

アクセスランキング